2012/01/15号 

写真館「みんなのドッパ」編集記

 

 

       今回SEYNA写真館へ「みんなのドッパ」と題してウイグル帽・ドッパを展示することができました。
 
 
SEYNA写真館「みんなのドッパ」
 
 
 
        これらは在日ウイグル人と日本人にお願いをして収集したものです。
 
        ドッパとはウイグル人が被っている帽子のことで、とても美しい刺繍が施されています。
        外国人観光客のお土産としても人気があり、バザールなどでよく見かけます。
        柄は非常に数が多く、少なくみても200種類以上だそうです。また地域による違いもあり、
        ウイグル人の間では帽子を見て大体どの地域の人間か見分けることもできるそうです。
        さらには現在4月~5月にはウルムチでドッパ祭りも開催との情報もいただきました。 
 
        今回収集する時間が半月程しかありませんでしたが、
        皆さんのご協力により17種類のドッパを集めることができました。
        やはり種類が多いからか収集の過程でかぶることは一度もありませんでした。
 
        収集するにあたって手持ちのドッパについて伺ったところ、
        日本人が大切にしているドッパの多くはウイグル人からいただいたものでした。
        出会いを記念して頂くことが多いようです。中にはその場で脱いだドッパをいただいたなんて人も。
        他にも20年以上大切に保管されているドッパもありました。
        そういった背景を想像しながら展示作業をしていると、
        一つ一つにぬくもりを感じ、何とも言えない温かい気持ちになりました。
 
        今後もこの「みんなのドッパ」は
        出会いがあれば追加で展示したいSEYNAウイグルひろばの大切な展示品です。

   

追記:美しいドッパの画像を教えていただきました
 
http://www.youtube.com/watch?v=NPujvJ3Q0tc&feature=related
(別ウィンドウが開きます)

 

 

 

 
 
 
 
 
copyright ©2010-2012 SEYNA