2013/06/23号

2013.06.16体験教室&交流会レポート

今回は管理人は都合がつかず参加できませんでした。以下主催者の方よりレポートを送っていただきました
 
 
 
 
6月16日(日)に本年度第1回目となる料理体験教室及び交流会を行いました。SEYNAとしては初めての野外行事で、20名の方にご参加いただきました。
あいにく週半ばから近づいてきた台風が熱帯低気圧となって東京近辺に居座り、なかなか天気の移り変わりが読めない中、準備の関係上13日(木)夜の時点での天気予報を頼りに、昭和記念公園バーベキュー広場にて16日(日)に開催することを決定しました。しかし天気予報が少しずつずれていって、元々の開催日だった15日(土)は晴れ間も時折のぞく曇りに、逆に16日(日)は朝から雨に…
 朝から何件も「予定通りですか?」とのお問い合わせをいただき、「予定通り決行します!」とお答えしながらも不安でいっぱいでした。会場の昭和記念公園バーベキュー広場ではテントもレンタルしていましたので、台風のような天気でない限りは大丈夫と信じていましたが。
 そして雨の中にもかかわらず時間通りにお集まりいただいた皆さんと昭和記念公園へ団体割引で入場、みんなの祈りが通じたのかバーベキュー広場で準備を始めて、カワプを焼き始めるころには雨も上がりました!

 

 
 
 
男性陣は火起こし、女性陣はテーブルセッティングとカワプの串打ち、セリックアシ(黄麺)の準備と手分けして着々と準備が進みます。この日のために用意したお肉はラム肉10キロ、鶏肉4キロ!
そして次々と焼きあがるカワプ。
ナンも温め、バーベキューらしく少しだけ野菜も焼いてみました。
カワプは焼いても焼いても手が伸びてきて、どんどん皆さんの胃袋に収まっていきます。
ひと段落したところでセリックアシ(黄麺)も登場です。また参加者の方から差し入れをいただいた新疆ウイグル自治区産のレーズンやナツメ、チョコレートも並びました。

 

  

最初は緊張気味だった学生たちも、張り切ってカワプを焼き、日本語での会話もはずんでいました。
今回の目的は「新しい留学生を紹介して交流すること」と「カワプをお腹いっぱい食べること」でしたが、どちらも十分に達成できたかと思います。ご参加いただいた皆様に心より感謝申し上げます。
これからも1年に1回くらいはこのような野外の活動を企画して行きたいと思います。皆様のご参加をお待ちしております。 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
copyright ©2010-2016 SEYNA