Travel Information 
ساياھەت

Torpan(トルファン・吐鲁番)  

掲載情報2008.6現在(写真の一部は03年撮影)

 

  【ACCESS】

  ■飛行機

 現在空港はありません。通常は陸路で向かうことになります。

 

  ■列車

 トルファン駅は大河沿鎮というトルファン市内から北西へ約60kmの場所にある他、始発駅ではないため切符の入手が比較的難しいといえます。列車で到着した場合は駅を出て進んだところにある鉄路医院近くの十字路を東へまがったところにあるバスターミナルが利用できます。ここからトルファン市内へむかうミニバスが頻発しています。(所要約1時間)

 

  ■バスターミナル

トルファン市内にバスセンターがあり、ウルムチ・ピチャン・コルラなど各地へ向かうバスがあります。ウルムチからは約2時間半でこのバスターミナルへ到着します。ウルムチからの道路は舗装状態がとてもよくバスも大型なので非常に快適に絶景を楽しみながら移動ができると思います。

  


 

  【Torpan's Highlight】 

 多くの見どころはトルファン市街をはさんで東西にわかれて存在します。

 

トルファン市街から東側

 

 火焔山(かえんざん)

 トルファン盆地の中央部に位置する山地です。夏には地殻運動によりできた独特の形状と立ち上る陽炎によって山が燃えているかのように見えます。また、『西遊記』で孫悟空が燃え盛る山の火を消す為、主と戦うシーンに登場することでも有名です。

周辺にも多数の見どころ(下記参照)が存在するので車をチャーターすると便利です。(旅行社などで1日ツアーもあります)

 

  

   ベゼクリク千仏洞

ウイグル文化を知ることのできる価値ある仏教石窟で、「ベゼクリク」とは「装飾された家」という意味だそうです。 市街から北東約40kmのところにあります。薄暗い場所にも壁画があるので懐中電灯を持参すると便利です。

夏場のトルファンは非常に暑いので他の見どころとセットをおすすめします。

  

 

 

   ■高昌故城(こうしょうこじょう)

市街から東に約40kmのところにある城址遺跡です。玄奘がインドへ向かう途中にここで歓迎を受け1ヶ月ほど説法を行ったと伝えられています。

上記見どころとのセットで車をチャーター、もしくはトルファン1日ツアー等で訪れるのが便利です。また、ここの入口でロバ車のガイドさんが多く待機しています。値段交渉をしてから乗りましょう。

 

 ▲玄奘が説法をしたとされる寺院跡

 

  

  ■アスターナ古墓群

 市街から南東へ約35kmに位置する墓地群で、カラ・ホージャ古墓群とも呼ばれます。アスターナとは「都」を意味しており、ここには高昌国時代の貴重な資料が残っているとともにミイラも残されています。(210号内には夫婦のミイラがありました)

ここも場所によっては懐中電灯があると便利です。

 

 

                                                          

                                                         ▲古墓群への入口                                                                               

  ■蘇公塔(そこうとう)

 市街の南東約2kmにあり、新疆イスラム建築様式を代表する塔の一つです。約230年前にここの王が父のために建てたと言われています。現在登ることはできません。周辺を散策しながら旅の休憩をするのもオススメです。

ここへは6路バスや102路バスで行くことが可能です。車をチャーターした帰りにここで降ろしてもらうのもいいでしょう

 

 

 

 葡萄溝(ぶどうこう)

 市街地の北、火焔山の西にある小さな渓谷に広がるブドウ畑です。トルファンのブドウはウイグルの特産品であり、ここで栽培されている種なしブドウがとても有名です。ブドウ棚の下で、のどかな景色とともに甘くておいしいブドウを堪能してみて下さい。

バスだと5路で行くこともできます。

 


 

トルファン市街から西側

 

  ■交河故城(こうがこじょう)

 市街から西へ約16kmのところにあります。南北に約1kmと、とても広い為、大半のツアーが奥までは行かないようです。時間のある方には車をチャーターすることをお勧めします。故城内は主に3つに分けられ、西北部に多くの寺院遺跡があります。

夏場は灼熱です。ほとんど日陰はありませんので、十分注意して下さい。

   

 

 

  ■カレーズ楽園

 カレーズとは地中に水を通すための施設のことです。トルファンは地下水路を利用したオアシス都市であり、ここではカレーズの見学が可能です。先人の知恵と苦労を直に感じることのできる貴重な場所でもあります。

交河故城の近くにありますので、セットで行くと便利です。

    

 


トルファン市街から南側

 

 アイディン湖

 トルファンから南へ40kmほどの場所にある湖です。世界で2番目に低地にあると言われています(1位は死海)春に雪解け水が流れこみますが夏までに蒸発し、塩がとれるようになります。

車をチャーターしていくことになります。                   

                                ▲写真奥がアイディン湖(蒸発後)      ▲塩の結晶が運ばれていく

 

 

 

 

 

 

copyright ©2010-2013 SEYNA